こんな少しの散歩でも楽しんでくれるゴールデンレトリバー

少しの時間が空いたので、コハクとイブキを連れだして一回り。
農道の横にはタンポポが綺麗に咲きそろいました。
花や葉っぱはサラダにしても食べられるし、根っこはたくさん集めるのが大変ではありますが、タンポポコーヒーの材料になります。
日干しにしてからフライパンで煎り、ミルで挽いて普通のコーヒーと同じ淹れ方で飲めます。
カフェイン無しですが、独特の香りと味なのでコーヒーとして飲むよりはタンポポの飲み物と思った方が良いと私は思います。
味はあって美味しく感じる人も多いと思いますが、何せ材料を集めるのが大変です。
タンポポの根っこは掘ったことのある方なら、記憶に残っていると思いますが、真っすぐ下に伸びています。
タンポポを持って引き抜くと根っこの途中から切れて少ししか採れません。
採れた根っこを天日干しして乾かすと、細い根っこがさらに細くなり糸のようになってしまいます。
あまり細くなると炒った時に簡単に焦げてしまいそれを使うと墨臭くなるので、余り細くなった根は私は取り除きました。
私は何を書いているんだろう?
突然ですがこれくらいにしておきます(笑)
話を元に戻し、農道で散歩に出て花を映しながら歩いて、事務所の下まで来たところで土手を登り元に戻りました。
時間にして5分ほどの外出でしたが、それでもココハクとイブキは帰りにも嬉しそうな顔で私を見てくれます。