おすすめ記事

オヤツを持っていると勘違いしているゴールデンレトリバー

私がポケットの中を右手で探っているのをコハクが見て、オヤツがあるものと勘違いしたようです。
それをきっかけにテンションマックス手前まで上がって、走り出しイブキにも体当たり。
一瞬イブキが「グフッ!」と声が出るほどきつかったようです。
あまり激しいとイブキも怒ることはあるのですが、起こる前に私がコハクをたしなめるとイブキはコハクに怒りません。
それどころか、私が強くコハクを起こるとイブキが割って入り、怒らないようにお願いしてきます。
それは、イブキに何かしてコハクをたしなめたり怒ったりした時だけではなく、コハクを単独で叱っている時もイブキはしばらく離れてみていますが、タイミングを見て私に引っ付いてきて甘えます。
きっと、「もう怒らないで」と言っているのだと思います。
そんな場面も、ここ何年も見ることがなくなりました。
理由はコハクも強く怒られるような悪い事をしなくなったからです。

おすすめ記事






面白い

Posted by MITSU777